今年の秋冬ファッショントレンド

MENU

2016年〜2017年のレディース秋冬ファッションのトレンドは?

 

ここ数年のレディース秋冬ファッションでは、ミニマムが流行ったり、ノームコアがブームになったりして、そのままリアルクローズとしても着られるようなシンプルで無難なものが中心でしたよね。

 

ところが、その反動からか、2016年〜2017年シーズンのレディース秋冬ファッションでは、少し装飾的な流れが戻って来ています。

 

特に「メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京」では、世代交代した新しいブランドが、それぞれの個性を追求して、いい意味でのまとまりの無さ、逆に言うと、何でもありの「東京らしさ」を復活させていました。

 

キラキラで装飾したダークネスカラー

ケイタマルヤマ 2016aw

 

モノトーンコーデとは違う、ムーディなスタイリングのダークネスカラーを使ったのコーディネートです。

 

星空や森を感じさせるブラックや、ミッドナイトブルーやブルーグリーンなどで、きらめきのある装飾をほどこした素材をアイテムに使用しています。


 

インパクトのあるウエストマーク

ミントデザインズ 2016aw

 

パンツと一体型のデザインや、細めのベルト、太いベルト、コルセットのようにウエストを包む形のものなど、さまざまなデザインでウエストマークをします。

 

ボリュームのあるボトムをさらに強調して、インパクトを高めます。

 

見た目にもすっきりと、スタイルアップします。


 

体を覆うようなビッグシルエットアウター

ヒロミチナカノ 2016aw

 

アウターやパンツを中心に、体を覆うようなビックシルエットのアイテムが今季は登場しています。

 

アウターはメンズライクなデザイン、ボトムはガウチョパンツをさらにオーバーにした、ワイドパンツに注目です。

 

気になる体型をカバーするので、女性にうれいしいトレンドです。


 

テクノロジーモチーフの幾何学柄

インプロセス 2016aw

 

QRコードや電子基板を思わせるような柄や、フィラメントのような強い光沢のある素材を使用したアイテムが目立っています。

 

テクノロジーモチーフの幾何学柄が、脚光を浴びています。

 

モードな秋冬に明るめアイテムを取り入れて、オシャレ上手をめざします。


 

猫、狐、植物…ネイチャーモチーフ

シアタープロダクツ 2016aw

 

海外でも猫モチーフは大人気ですが、東京では猫以外の自然界をモチーフにしたアイテムが多数登場しています。

 

アニマル柄をはじめとして、リアルな草花や昆虫プリントのドレスが新鮮です。

 

一昔前に流行った動物の顔付きファーマフラーもリバイバルしています。