MENU

ファー素材はストールだけじゃなく、ニットやスカートにも!

 

2016年秋冬で流行りのファーアイテムは、柄を描いたファーや、袖や肩、腕など体の一部を強調するような大胆な部分ファー使いが主流です。ファー素材はストールだけでなく、ニットやスカートにも取り入れられてます。

 

パッチワークにしてコートやスカートに取り入れたり、アクセサリー感覚で首まわりのアクセントとしてデザインされたものまで、ファーが主役級になるような大胆な着こなしが、今シーズンのトレンドです。

 

ニット素材の一部としてファーをほどこすアイテムも人気です。温かみのあるフィッシャーマンズセーターや、ネーティブアメリカン柄のニットアウターの襟元をファー使いにしたデザインも新鮮です。各ブランドで、オリジナリティに富んだ、ファーデザインアイテムが登場してます。

 

フランス・パリで行われたソニアリキエル(Sonia Rykiel)の2016-17年秋冬コレクションでは、肩全体を包み込むボリュームファー付きのロングコートがでています。ボリュームがありながら、Iラインを意識したデザインでスレンダーなコートです。ワイドパンツやフレアースカートを合わせて、フェミニンに着こなせます。

 

KBF(ケービーエフ)の渋谷・宮下公園で発表された2016-17年秋冬コレクションでは、ジェンダーレスをテーマにモーブパープルのボアコートが登場しました。ファーをふんだんに使用したコートは、まさに主役級のインパクトです。インには、きらめきのある繊細なプリーツスカートを合わせて、相反する素材で大人の遊び心を表現しています。