MENU

スポーティーファッションは、ミリタリー、ウインターマリンへ

 

最近のスポーティファッションは、健康志向のアーバンスポーツや近未来的なスタイルのフューチャースポーツの影響で、ミリタリーやウインターマリンの要素が加わっています。

 

これまでのヘルシーやウエルネスに対して、ストリート性やユースカルチャーからの影響が大きくなっています。具体的には、モトクロスやバイカー、スケーターやスキーヤーからインスパイヤされるモダンスポーツです。

 

ルイ・ヴィトンやエミリオ・プッチなどのメゾンによって、新しいスポーツスタイルが発表されています。

 

 

ミリタリーやウインターマリンは、プロテクトファッションとして認識されていて、現実社会からの脅威や不安が元になって生み出されています。その不安や脅威から自分や家族、友人を守りたい心理が、プロテクトファッションのミリタリーやウインターマリンとして表現されてます。

 

トミー・フィルガーは船をイメージしたランウエーで、ロマンチックなムードとマリンムードを融合したコレクションを発表しました。
ドルチェ&ガッバーナやジョンガリアーノ、サカイなど多くのブランドが、従来のファッションと組み合わせるスタイルとして、クラシックなミリタリーを取り入れました。

 

特にブランデンブルクというコード刺しゅうが、ほどこされたアイテムが数多く発表され、今シーズン注目のディテールになっています。

 


コード刺しゅうとは?

コーディングエンブロイダリー(cording embroidery)とも呼ばれて、様々な素材(テープ・ヒモ・束ねた糸等)をステッチと一緒に縫い付ける手法です。「テープ縫い(テープコード刺繍)」「千鳥縫い(千鳥コード刺繍)」「巻き縫い(巻きコード刺繍)」の3種類の縫い方があります。