タッキースタイルやスーパーミックス

MENU

タッキースタイルやスーパーミックスの流行は、時代が求めてる

 

タッキースタイルやスーパーミックスは、秋冬ファッショントレンドのキーワードになっています。時代が求める必然といえる現象の背景を、今シーズンのコレクションを参考にみてみます。

 

 

昨年までは、ミニマムやモード、ノームコアという言葉が飛びかいましたが、今年は装飾的でデコラティブなトレンドが台頭しています。

 

日本ではリーマンショックから始まった経済不況の影響で、ムダを省いて堅実な暮らしを求める動きがあり、それがファッションにも現れてました。シンプルやナチュラル、エフォートレスが代表的です。

 

今年はこれまでの流れを保ちつつ、ポジティブで前向き、活力にあふれた生活を表現する手段としてタッキースタイルやスーパーミックスが必然性を伴って登場しています。

 

プラダやミュウミュウをはじめ、グッチやジバンシィもそれぞれ独自のスーパーミックスの提案を今シーズンのコレクションでしています。

 

メッセージ性の高いテーマが多かったのは、バーバリー・サンローラン・ハウスオブホランドなどのメゾンです。共通したテーマは、グラムロックです。

 

1970年代に流行したグラムロックのラグジュアリーできらびやかな装飾的デザインや、ハートや唇、スター柄などのポップなモチーフがコレクションに登場しました。

 

グラムロックと少し路線は違う、ロックテイストをスイートにフェミニンに表現しているのが、アレキサンダーワンやイザベルマラン、ジャンバなどのブランドです。

 

ミュージックカルチャーから影響をうけたファッションが、日本でもトレンドとして拡大していく可能性が大きくなってます。